一般社団法人からふるとは

理念

障がいのある子どもたちの「自分を生きる」を応援し、笑顔といろどりあふれる社会づくりを目指す。

〜 からふるの想い 〜

この子が大人になっても、幸せであってほしいーーー
障がいのある子どもを持つご家族の切なる想いです。

人を愛し、人に愛され、人の役に立ち、人に必要とされる、ありふれた幸福。
なかでも、働くことから生まれる「人に必要とされる幸せ」は訪れるのだろうか、と。

私たちは、そんな「働く幸せ」からさらに踏み込んで、
障がいのある子どもたちが大人になった時、
「好きな仕事で自分らしく自活できる幸せ」をかなえられるよう、
ご家族といっしょになって、追求していきたいと考えています。

そこで、ありのままを生きようとする子どもたちを主人公に、
学校や家庭では出会えない、個性豊かな大人たちとの出会いや、
学校ではなかなか体験できない、あらゆる表現活動の場を創出。

主人公一人一人の「好き」「得意」「夢」の発見と、
実現に必要な技を磨く「好きるアップサポート」を実施。
自分らしい自活で「自分を生きる」ことができるよう、
子どもと同じ目線で、ご家族といっしょに応援しています。

そして、笑顔といろどりが、家庭と社会にあふれることを、私たちは目指しています。

【「からふる」名称の由来】

「いろどり豊かなようす」を表す英単語「colorful」を
子どもたちにもわかりやすいよう、ひらがなにしました。
さまざまな人がいる、という多様性や、さまざまな色が混ざり合うことで、
思いもよらない色に変化するワクワクやドキドキの気持ちを込めています。

 

活動・事業内容

沿革

2007年

埼玉県川口市 お絵かきの会(のちのアトリエからふる)より
任意団体「からふる」設立
障がいのある子ども対象「アトリエからふる 」定期開催スタート
ご家族、支援者、一般向け「からふるセミナー」開催スタート
オリジナルTシャツ製作、販売

2008年

ご家族対象 ゴスペルワークショップ、自主ライヴ開催(2期)
障がいのある子ども対象スクール「キッチンからふる」開催

2009年

オンラインショップ運営スタート
PC事業部ホームページ制作運営管理業務「陽だまりネット」開始
公共施設開催 からふるパソコン講習 実施(メディアセブン)

オリジナルグッズ、カレンダー製作、販売

2010年

家族応援事業「ステップアップルーム」開催スタート

「すてっぷ〜川口鳩ケ谷障がいのある子ども達をつなぐ会〜」HP共同製作、サイト運営フォロー実施

2011年

法人化準備会スタート
「住まいのからふる」準備開始

2012年

「任意団体からふる」から「一般社団法人からふる」に移行

現在に至る

 

運営スタッフプロフィール

萩原 禎子 Hagiwara Yoshiko 代表理事

3人の男の子の母親。子育て奮闘中。

独身時代はアパレル、通販等の企画をしていました。障がい(ASD)のある長男が中2のとき、からふるに出会い、以来、多くの方々に支えられ、感謝すると同時に、自分も少しでも人の役に立てるようになりたいと思っています。これまで素晴らしい出会い、経験を得る機会を与えてくれた息子にも感謝。

好奇心は広いので、様々なタイプの人の話を聞くのが好き。東京都出身。

宮地葉子  理事
大平和幸  理事

 

所在地

〒334-0015
川口市鳩ケ谷緑町2−20−15

 

▲このページの一番先頭に戻る